say good-bye アタシに愛を! ネタバレ 漫画 レビュー 【結婚が嫌でも 子供だけは産みなさい】



say good-bye アタシに愛を! ネタバレ 漫画 レビュー


こんにちは。けいこです。


今回も、Say good-bye「アタシに愛を!」について書きますね。




一郎は、いつしか愛子からの電話を待ちわびるようになっていました。



ある日、愛子は風邪だということで
すごい声で電話をしてきました。


“…たぶん明日は無理…”



一人で大丈夫と愛子は言いますが、

心配になった一郎は愛子の家に向かいます。



熱にうなされながら、

“カゼが治ったら産婦人科に行く…

 なんでデキないの…?“

と愛子は言います。



そして、高2の時に中絶したことを話します。


いらないときは
デキモノみたいに切り棄てといて

いまさら欲しがるなんて身勝手だから…




やさしくする一郎に

“男の人なんてやるだけだもの

 子どもを産むのも堕ろすのも

 痛みを背負うのは女だけなんだから!”




“だから時々思うんだ

 自分で子供を産めたら…って”


そういって部屋を出ていきます。。




一郎は、妻との間も
立場が逆だったらと思いました。

仕事を頑張り、瞳を輝かせて夢を語る妻は
誰よりも素敵だと思ってるのに…




そして、愛子と会っているときは、
妻の話を避けるようになりました…

そうしているうちに、
ときはどんどん過ぎていきました。



いつものように愛子の部屋で過ごしていると、電話が…

“どうかした?”



“おかあさんが…

 実家の近所の入院先で 自殺した




ロクに慰めることもできずに別れ、
愛子からの連絡は途絶えました。



一郎は、愛子の電話番号を知りませんでした。



最初に会ったときルールを決め、
キョリを置いて付きあうことになっていたから。



愛子は割り切った性格。


そして、それは母親ゆずりだとか...


結婚が嫌でも 子供だけは産みなさい 

 生きる力になるから“

と、愛子の母親は言っていたそうです。




一郎は、恋に落ちてたんです

その話を聞いたときから…






この続きは、
まんが王国で読むことができますよ♪


わたしがまんが王国でまんがを読んでいるのは
docomo・au・SoftBankの公式サイトで
とっても安全だからなんです。


無料試し読みで
かなり長く読めるのでお得です。


是非無料で読んでみてくださいね!




“Say,good-bye”で検索してくださいね☆



『Say good-bye』
他の記事も読んでみてくださいね。










































この記事へのコメント