say good-bye 盛春少年 №1 ネタバレ 漫画 無料 【変わったのは僕】

say good-bye 盛春少年 №1 ネタバレ 漫画 無料



こんにちは。けいこです。


今日は、say good-bye の中の
『盛春少年 №1』について書きますね。





高校の入学式。


岡崎裕太 15歳、


春の盛りの晴れの日に、悪夢と再会した…



みのる…



“裕ちゃん、逢いたかった”



 ―― 僕は逢いたくなかったです ―― 





とりあえず

みのるの出方を見てみる…




同級生の男子たちは、
各クラスのキレイどころのリサーチ
熱が入ります。



彼らの中のダントツは

岸みのる




まさか、みのるが…


“だ―― れだ?”



 岸みのる!



みのるは、クラスの女子との話がつまらなく

裕太のところに来たのです。




裕太の背中に
男子の視線が刺さります…(・_・;)




“少しでも一緒にいられる時間は
 
 大切にしたいの

 いままでの分取り戻さなきゃ”




裕太は休み時間ごとに同級生に攻められますが

そんなことはお構いなしのみのる




誰も二人の事情なんか知らない

 ――少しは人様の眼を気にしろよ――





すっかり孤立してしまった裕太に

声をかけてくる人がいました。



“卓球部に入んない?”



仲間に入れてもらえるなら何でもやります!

とばかりにとびつく裕太ですが、

実はそれ、

みのるをマネージャーとして入れるための

エサでした…( ´艸`)



みのるを裕太の彼女と思い、
うらやましがる部長。


“彼女なんかじゃありませんよ。

 一緒に暮らしたことがあるんです

 親同士の結婚で ほんの1年くらい

 それだけですよ”



“寝しょんべんの始末でもしてやれば

  イチコロですよ”




こわれそうに弱かった

  あの頃のみのる


あの頃は子供だったけど…


 それでもみのるの手を

   いまだにふりほどけない






この続きは、
まんが王国で読むことができますよ♪


まんが王国は、会員登録不要で
無料試し読みすることができるので
是非読んでみてください。


無料でかなり長く読めるのでお得です。

こんなに長く無料で読めるのは
まんが王国だけなのでオススメです♪



是非無料で読んでみてくださいね!





“Say,good-bye”で検索してくださいね☆



『Say good-bye』
他の記事も読んでみてくださいね。











































この記事へのコメント